ネキシウムの成分エソメプラゾールの作用

ネキシウムは胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に用いられる医薬品であり、エソメプラゾールをその有効成分として含んでいます。ピロリ菌の除菌にも使われる医薬品の一つとして有名になっているのがネキシウムであり、エソメプラゾールの作用によって除菌を促すことができます。エソメプラゾールが胃潰瘍や逆流性食道炎、ピロリ菌の除菌に対して有効性を示すのは胃酸の分泌を抑制する作用を持っているからです。エソメプラゾールはプロトンポンプ阻害剤に分類される治療薬であり、その作用が発現されるメカニズムは他のプロトンポンプ阻害剤と同様です。胃酸分泌を促進する内因性物質としてガストリン、アセチルコリン、ヒスタミンといったものがありますが、その作用によって胃壁の上皮細胞にあるプロトンポンプが刺激されることにより胃酸が分泌されています。ネキシウムに含まれている成分であるエソメプラゾールはプロトンポンプ阻害剤としてプロトンポンプに結合することでその機能を阻害することができます。これにより、内因性物質によって胃酸分泌を促すシグナルが届いたとしても胃酸分泌が行われなくなります。こういったメカニズムによって胃酸の分泌量が減ることにより、胃の酸性度が低くなり、潰瘍が自然に治癒するのを促すことができるとされています。エソメプラゾールはプロトンポンプ阻害剤として最も初めに市場に出てきたオメプラゾールの鏡像異性体の一つであり、より効果が高いものを選んで製品化されたものです。オメプラゾールよりも長時間にわたって作用するということがわかっているため、持続的にプロトンポンプを阻害することによってより効果的に胃潰瘍や逆流性食道炎などの治療に使用できるものとなっています。

ネキシウムで効果がある適応症

ネキシウムはエソメプラゾールを有効成分として含む医薬品であり、プロトンポンプ阻害剤として知られています。胃酸の分泌を抑制することができるのがエソメプラゾールの効果です。エソメプラゾールは胃壁にあるプロトンポンプの機能を阻害することによって、身体の中からの刺激で胃酸分泌のシグナルが伝えられても胃酸を分泌できなくすることができます。これによって食事などの刺激によって胃酸の分泌が行われにくくなり、胃の酸性度が高くなってしまうのを防ぐことができるようになっています。ネキシウムの適応症として典型的なのが胃潰瘍、十二指腸潰瘍及び接合部潰瘍であり、それに加えて逆流性食道炎や非びらん性胃食道逆流症があります。また、非ステロイド性抗炎症薬を投与している際の胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発を抑制するための予防投与も適応症として認められています。こういった適応症では胃の酸性度が高まることによって炎症や潰瘍が起こりやすくなってしまうということから、その抑制を実現できるネキシウムが高い効果を示します。潰瘍や炎症が悪化するような環境下になければ自然の治癒力があるために徐々に回復していくことができるからです。同様にして予防効果も得られるでしょう。一方、ネキシウムの適応として、ヘリコバクター・ピロリの除菌補助に用いることも可能です。胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの特定の疾患を有している場合に限って保険適用で行うことができます。ヘリコバクター・ピロリは酸性度の高い胃の中でも増殖できる菌であり、その除菌に際して抗生物質と併用する三剤投与による治療法が確立されています。その際にネキシウムが用いられ、除菌効果を上げるとされています。

ネキシウム以外の効果的な酸分泌抑制薬

胃酸過多は様々な影響をもたらします。まず胃酸過多の症状としては、胃のムカムカ、胸やけ、呑酸などが挙げられ、これを放置してしまうと、逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍となってしまいます。これをさらに放置すると慢性的な炎症状態となり、最悪ガンに移行してしまう可能性もあります。よってこういった症状が現れた場合には早期に治療を行うことをおすすめします。胃酸過多の治療では胃酸分泌抑制薬が使用されます。胃酸分泌抑制薬にはPPI(プロトンポンプインヒビター)とH2受容体拮抗薬の2種類が広く使用されてきました。胃酸分泌抑制作用はPPIの方が強力であるためよくPPIが第一選択薬として使用されます。その中でもネキシウムは胃酸分泌抑制効果が高いと言われています。ネキシウムの有効成分エソメプラゾールは昔から存在するオメプラゾール(ラセミ体)の胃酸分泌抑制作用の強いS体のみを取り出したもので効果はより効率的となっています。そんなことからスーパーPPIとも呼ばれています。ではこのネキシウムよりも効果の強い胃酸分泌抑制薬は存在するのでしょうか。まずPPIの中ではネキシウムと同様にパリエットが有効性が高いと言われています。もしネキシウムで効果不十分の場合にはパリエットに変更してみるのもいいかもしれません。あとPPIは遅効性で効果発現に3日程度かかるためそれまでの胃酸分泌を抑制したい場合にはH2受容体拮抗薬をその時期だけ併用するのも効果的かもしれません。また2015年にタケキャブという新たな胃酸分泌抑制薬も発売されました。これはPPIと同様にプロトンポンプを阻害しますが、PPIよりも即効性で、さらに効果が強い薬剤と証明されています。

■胃腸の調子が悪いならネキシウムを使いましょう
胃酸過多改善にはネキシウム