回復を促すネキシウムと経口感染でピロリ菌感染治療

ネキシウムはプロトンポンプインヒビターに分類される胃潰瘍の治療薬として名高いものの一つです。H2ブロッカーとも呼ばれるプロトンポンプインヒビターはヒスタミン受容体のうちH2受容体に選択的に阻害作用を示す薬であり、胃において作用することによって胃酸の分泌を抑制します。これによって胃酸による胃への刺激を和らげることができるのがプロトンポンプインヒビターであり、刺激が漢和されることによって胃潰瘍などの胃腸系の病気の回復を促進することが可能です。効能として逆流性食道炎や十二指腸潰瘍なども知られていますが、特に有用な治療として知られているのがピロリ菌と呼ばれるヘリコバクター・ピロリの除菌補助です。ネキシウムによって胃酸の分泌を減らすことによって刺激を弱めると共に、ピロリ菌の生育しやすい酸性の環境をなくすことができます。これを補助として用いることによって除菌の成功率を高められるようになっており、典型的な除菌法としてネキシウムなどのプロトンポンプインヒビターを用いる方法が頻用されています。ピロリ菌は経口感染によって移るということが知られており、それによって感染者が多い状況が生み出されてしまっていると考えられています。しかし、経口感染によって移るといってもキス程度では簡単に感染が広がることはないとされているのが現状です。しかし、口の中にも存在していることが多いことから、咀嚼した食べ物を口移しで与えたりすることによって移るリスクは高く、子供に口移しで食べ物を与えるという行為によって感染が広がっている可能性が高いと考えられています。そのため、日常生活においてピロリ菌感染に対して神経質になる必要がないというのが現状の見解です。