胃酸過多にはネキシウムとウルソデオキシコール酸

胃酸過多とは胃酸が正常より多く分泌されることによって種々の症状を引き起こす状態をいいます。胃酸過多によって起こる症状としては胃のムカムカ、胃酸の食道への逆流による胸やけやげっぷ、呑酸、さらに胃潰瘍や十二指腸潰瘍によるみぞおちあたりの痛みなどが挙げられます。
現代の日本ではこの胃酸過多に悩まされる人の数が増加傾向にあります。それはなぜかというとストレス社会と言われる環境因子に由来します。ストレスがかかると自律神経系と呼ばれる神経が過度な緊張状態となってしまいます。すると副交感神経系の緊張によって胃酸分泌が行われるプロトンポンプが刺激され、胃酸分泌が促進されます。
こういったストレスに由来する胃酸過多の状態にはネキシウムがおすすめです。ネキシウムはプロトンポンプ阻害薬という種類の薬です。プロトンポンプ阻害薬にはネキシウムの他に、タケプロン、パリエット、オメプラゾールなどがありますが、ネキシウムは最も新しく開発された薬剤であり、従来のものよりより効率的にプロトンポンプを阻害できる薬となっています。胃酸を抑える薬はプロトンポンプ阻害薬の他にH2ブロッカーというものがありますが、これは即効性の面ではプロトンポンプ阻害薬より優れていますが、胃酸分泌抑制作用はプロトンポンプ阻害薬の方が優れています。こういった理由からネキシウムがおすすめなのです。
またネキシウムとウルソデオキシコール酸との併用に関してですが、ウルソデオキシコール酸は慢性肝炎の治療や胆汁の貯留に対して使用される薬です。ネキシウムは他の薬剤と相互作用を起こすことはないためウルソデオキシコール酸との併用も特に問題はありませんので、両者が処方された場合は安心して一緒に服用しましょう。